【2019年11月】ヤンゴン国際空港から市内への行き方 エアーポートバスで安く行く方法

2020年1月12日


ヤンゴン国際空港から市内へ、市内から空港への
エアーポートバスでの行き方を簡単にですが載せておきますので、ご参考にして頂けるたらと思います。

ヤンゴン国際空港から市内へバスで安く行く方

空港からバスで市内へ出るには500チャット(約40円)のみでいけます。有名なダウンタウンにあるスーレーパゴダまで行けます。

24時間運行しているので、深夜や早朝でも乗れます。

また乗客もそこまで多くないのでキャリーバックやバックパックがあっても問題ないかと思います。

市内のスーレーパゴダまでは渋滞に巻き込まれると1〜2時間。深夜、早朝ならば20〜40分ほどで着きます。

↑有名かつシンボルかつ目印のスーレーパゴダ

※タクシーだと12000チャット〜(850円)以上かかるのかと思います。また空港から乗ったタクシーで、ぼられたという話も聞きました。タクシーを乗られる際は気をつけて下さい。

 

バス乗車場所

まず税関を過ぎてゲートを出たら左へ屋内を200〜300m程、真っ直ぐ行きます。

出発ロビーの航空会社のカウンターが並ぶ場所に出ますが、それも過ぎて最後の端の2番出口へ。

そこから外に出て右斜め前50mぐらい前に赤い長いバスが止まっているのが見えると思います。

↑この赤いバスです

そのバスが市内へのバスです。

ダウンタウンのスーレーパゴダまで行きます。

 

バスの乗降車方法・料金

公共のバスは基本は前乗り、後ろ降りです。

エアーポートバスは500チャット

(その他の公共バスは200チャット)になります。

 

まず乗る際に500チャットを運転主さん横のボックスに入れます。

※お釣りはありませんのでピッタシに入れるか、お釣りを諦めるか、他の乗客の500チャットを手渡してもらうかになります。

※乗る前にショップで何か買って500チャットを作っておいた方が宜しいかと思います。

 

降りる際は出口横のボタンを押して次に降りる旨を運転手さんに知らせます。

(逆ルート)市内スーレーパゴダからバスで空港への行き方

バスの乗車場所

↑上の位置になります。

スーレーパゴダを背に北を向き、その右側の1番奥が乗り場になります。バスの行き先ごとに乗り場が分かれていますので気をつけて下さい。

↑看板が立っています。裏に英語でAIR PORTと書かれています。

↑空港行きバス乗り場の右側には上の写真のお店があります。

↑行き先ごとの乗り場が書かれた看板

市内スーレーパゴダから空港への注意点

バスが早朝や深夜を除いた渋滞中だとバスが中々来ません!1時間待っても来なかったことがあります。やっときて乗れたと思ったら渋滞が酷くて空港まで1〜2時間かかる可能性もあります。

なので、くれぐれもかなりの時間の余裕をもってのバスの使用をお勧めします。

ちなみに早朝、4時半にバスに乗った際は空港まで20〜30分ほどで着きました。24時間バスが走ってるとは聞いていましたが本当に早朝にバスが来るのかと不安でしたが、しっかりと来ました!

 

ではでは安全に良い旅をして下さい!!